読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンBLOG -R18-

八戸/ラーメン/ブログ 八戸近辺あっさり醤油味専門。美容師/漫才師

第14回『らーめん きくや』



『みんな、最近、麺すすってる〜〜?』





まるで毎回言ってるみたいに言ってみました。


こんにちは、

カリスマラーメンブロガーです。


今回お邪魔するのは、私の父がイチオシする

こちらのお店です。


f:id:akr174cm:20170523133132j:plain


『らーめん きくや』


新八温泉の通りにあるお店です。

『朝ラー』ができることでも知られるお店です。


f:id:akr174cm:20170523133318j:plain


土日祝日は朝7時から!!

素晴らしい。


父が、会うたびに

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

と聞いてくるので、

よほどイチオシなのでしょう。

早速注文です。


f:id:akr174cm:20170523133634j:plain


きくやしょうゆ 750円


ブラックスープと白どんぶりの、

エッジの効いたコントラスト。

このスープの黒さ、

写真で伝わりますでしょうか。。


ワクワクしながらスープを一口。


おいしい!!!


さすが、グルメな父の舌は確かでした。


スープは見た目に反して優しさ満点。

深くて芳醇な醤油の風味が素晴らしい。

しかし、角がたったような濃さはなく

のみやすい。

非常に味わい深いスープです。

野菜の甘みもじんわりと広がります。


そこそこ油も浮いていますが、

こってりまでいかないぐらいの

ちょうどいい加減で、グビグビいけます。


f:id:akr174cm:20170523134526j:plain


そのコクスープにぴったりな、

このたっぷり野菜もいい仕事をしています。

まるで味噌ラーメンかのようなトッピング

ですが、驚くべきマッチング。


そして注目すべきは麺。


f:id:akr174cm:20170523134751j:plain


『西山製麺』といえば、ラーメンファンなら

わかるでしょう、本場札幌の麺です。


小麦の香りに誘われ、

目を閉じてズルッとすすると

そこはもう札幌です。

味噌ラーメンを頼めば、

より感じられるかもしれませんね。


このぷりっぷりの食感。

ブラジルの女性のプリケツのようです。




食べごたえも味も大満足の一杯でした。

帰ったら父に

私のプリケツをぷりぷりさせながら

報告しないといけませんね。


では次回もお楽しみに〜〜。


にょめにょめにょめにょめ





第13回『ラーメン大将』



SNSでよくみる
『今日は母の日。お母さんありがとう』
的なツイート。

フォロワーにお母さんいるんか!!
何のアピールやねん!!



みなさんこんにちは。

カリスマラーメンブロガーです。


5月なのに寒いですね。
ラーメン日和です。

3回にわたりお送りしてきました
『激安シリーズ』
今回が最終章です。

今回お邪魔するのはこちら、
『ラーメン大将』
うまい!はやい!やすい!
で、八戸では割と知名度の高いお店です。

f:id:akr174cm:20170515182959j:plain


お昼時に行ったということもあり、

ものすごい混みっぷりでした。


『ラーメン大将』の特徴といえば

なんといってもそのスピード。


今回は大混雑でしたのでそこまで

物凄いタイムではなかったものの、

『水を汲んでる間にラーメンがくる』

とファンに言われるその提供時間の早さは

やはりさすがでした。


なんと、、

混雑していないときなら、注文後

30秒〜40秒でラーメンが届くという噂。

せっかちな私には最高です。


f:id:akr174cm:20170515183620p:plainf:id:akr174cm:20170515183634p:plainf:id:akr174cm:20170515183652p:plain


私の100mのタイムより早いかもしれません。


手際よく作られたラーメンを、

早速いただきます。


f:id:akr174cm:20170515183824j:plain


醤油ラーメン 350円


安いですね〜。硬めの麺、高ポイントです!

スープは甘め。スープを飲み込んだ後も、

その甘みが強く口の中に残ります。

これは化学調味料系の味なのでしょうか。

違ったらごめんなさい。

トッピングの岩海苔が珍しいですね!

スープと共にすすれば、磯の香りがふわっと

口の中に広がって、いいアクセントです。


ツレの頼んだ味噌ラーメンも一口貰いました。

醤油ラーメン同様、強い甘味。

ピリ辛味にたっぷりの野菜がのって

食べ応え満点ながらも500円!


f:id:akr174cm:20170515184927j:plain


最近、筋トレの成果なのか大食いの私は

チャーハンも注文。パラパラ系です。

実は昨日、というか今日

朝の四時まで呑んでいたので

食べられるかどうか心配でしたが、

ぺろっと平らげてしまいました。




3回にわたりお送りした『激安シリーズ』

全ての値段を足しても730円。


驚愕です。


下手したらラーメン一杯でこのぐらい

ですもんね!!




さあ、このラーメンブログ『R18』

最近ぐんぐん閲覧数が伸びております。


閲覧数がのびても麺はのびないように、

これからも『あっさり醤油ラーメン』を

すすりまくろうと思います。


ラーメンに迷った際は是非!

『R18』をチェックしていただければ

嬉しいです。



ではみなさん、おやすみなさい〜〜〜。



にょめにょめにょめにょめ


第12回『宝来食堂』



みなさん、こんにちは。

坂口健太郎です。



さて、激安シリーズ第2弾です。

前回の『かわら食堂』のラーメン180円には
度肝を抜かれましたが、

今回お邪魔する食堂
『宝来食堂』もラーメン200円という
ブッ壊れ価格。

ラーメンブログ R18 は
いわゆるラーメン屋さんだけではなく
こういった定食屋さんのラーメンにも
アタックしていきたいなと思っております、

早速行ってみましょう。

f:id:akr174cm:20170510132409j:plain


まちにあるので、有料パーキングにとめて

歩いて向かいます。

でも、ラーメンが200円なのでそこは

気になりませんね。

前回同様、いかにも古くからの食堂

といった感じの佇まいです。


f:id:akr174cm:20170510132558j:plain


メニューはこちら。

これまた前回同様、全てのメニューが鬼安。


中は恐ろしいほどの混みっぷり。

今日ここでBIGBANGのコンサートが

あるのかなと思ってしまうほど。

親切なおばちゃんと相席をしまして

なんとか座ることができました。

続々とくるお客さんにコミコミの店内。

すごい!


待つこと数分。


f:id:akr174cm:20170510133246j:plain


中華そば 200円


来ました。

これほどの人たちを魅了する味、

一体どんな味なのでしょうか。


スープはスッキリめの煮干しですね!

『かわら食堂』が鶏ガラを感じる味わい

だったのに対し、こちら『宝来食堂』は

優しい煮干し系。

同じ激安でも系統が違う、

『あっさり醤油ラーメン』ですね。


煮干しといってもそこまで主張の強い

煮干しさんではなく、優しく、ふわっと

やわらかめの麺に運ばれて口の中へと

広がります。


45年間変わらない味だそう。

素晴らしいですね!


今日は少し早いですが母の日ということで

母にご馳走してあげました。

私はいい歳こいて、母の日を200円で

済ませます。大事なのは気持ちです。


f:id:akr174cm:20170510134308j:plain


新しくiPadを購入しました。

買ってすぐ、生チンをペタンペタンと

打ち付けてみましたが、ひんやりして

気持ちよかったです。


次回は激安シリーズ最終章!


お楽しみに。



にょめにょめにょめにょめ



第11回『かわら食堂』



こんにちは、


常にお尻にデキモノがある、

カリスマラーメンブロガーです。


先日、ありえないぐらい高い

スニーカーを購入しました。


実は私、ラーメンと同じぐらい

スニーカーが大好きです。


同じ『スニーカー』でも、

色、デザイン、機能性

『スニーカー』と一口に言っても

本当に個性がバラバラ


ラーメンと一緒ですね。




違いますね。

全然違いますね。

早速ラーメンの方に参りましょう。


何せこの大きすぎる買い物のせいで

お金がありません。

なので、今回から3回ぐらいに渡って

『激安特集』でいこうかなと思います。


今回お邪魔する、激安特集最初のお店は

長苗代にあるこちらの食堂。


f:id:akr174cm:20170508182424j:plain


ご覧下さい。

まるでタイムスリップしたかのような

趣のある外観。

その名も『かわら食堂』


実を言うと10代の頃はかなり頻繁に

お世話になっていたこの食堂。

もう何年も行っていなかったというのと

私の風貌が当時の面影ゼロということもあり

さすがに覚えていない様子でした。


ここを営むおじいちゃんとおばあちゃんが

味があってだいすきなんです。

相変わらずのフレンドリーっぷりで

なんだか嬉しかった。。


メニューはこちら!


f:id:akr174cm:20170508182915j:plain


見えづらくてすみません、、

ここのお店の料金設定は昭和のまま

とまっているようです。

ラーメンに至っては180円!

おそらく八戸最安値ではないでしょうか。


その180円のラーメンを、

数年ぶりにいただいてみましょう!


f:id:akr174cm:20170508183207j:plain


ラーメン 180円


ビジュアルはシンプル極まりないです。

小さなチャーシューと少量のネギ。

では、早速スープを一口。



おいしい。おいしすぎる。

これが180円だと、、、!?

これが180円でい゛い゛のかあ゛あ゛!?


思わず藤原竜也風のリアクションを

してしまうほど、クオリティ高し。


なんとなくすっきりあっさりなラーメンを

イメージしてしまっていましたが、

鶏ガラの醤油スープは鶏油のコクが

しっかりときいた、旨味と甘味のバランスが

絶妙な絶品スープ。

数年前より少し味が変わっているような?


塩分も薄すぎず濃すぎず。


これ180円でいいんですか?


思わずきいてしまいました。

おいしかったです。

かなりオススメです。


f:id:akr174cm:20170508184217j:plain


店内は生活感がすごいです。

この雰囲気も『かわら食堂』の

魅力のひとつです。


変わらず面白トーク全開で迎えてくれた

おじいちゃん、おばあちゃん!

必ずまた行くからね。



次回も激安シリーズでいきますので

お楽しみに〜!

『かわら食堂』には少し敵わないものの

200円という破格の値段でラーメンを

出している食堂にお邪魔する予定です。



早いもので連休も終わりましたね。

みなさんが晴れやかな気持ちでまた

お仕事に打ち込めることを祈って

この写真を贈ります。


f:id:akr174cm:20170508184702p:plain


にょめにょめにょめにょめ


第10回『たかはし中華そば店』



全世界の70億人のR18ファンの皆様、


お待たせいたしました。

カリスマラーメンブロガーです。




この

ラーメンブログ『R18』も、ついに

第10回を迎えました。

いつもチェックしてくださっている皆様

ありがとうございます。


記念すべき今回は、出張編です。


なんでも弘前に、

弘前にある煮干しファンの聖地』

があるとのこと。

煮干しLOVEである私が行かないわけには

いきません、、!!

店の名前は『たかはし中華そば店』

先に言ってしまいますが、

ここの中華そばをたべたことによって


私のなかの世界はひっくり返りました。


f:id:akr174cm:20170502102305j:plain


弘前にある人気店です。


f:id:akr174cm:20170502102406j:plain


中華そば 700円


こんなにニボってるラーメンは初めて。

煮干しを丸かじりしているんじゃないかと

思うほどのうまみうまみの煮干しパンチ。

それは強力な香りであり、コクであり、

さらに強力なエグミであり、酸味でもある。

ニボラーは大興奮間違いナシでしょう。


その濃厚な銀色のスープをまとった

モチモチの自家製麺もすごくおいしい。

クセになる歯ざわりです。


このラーメンのためだけに、

弘前まで行けます。

700円というのも凄い!

正直、この一杯に

5、60万ぐらいまでなら出せます。


『にぼし革命じゃ〜〜〜!!』

と思わず店内で大声で叫んでしまいました。

そして踊ってしまいました。

出禁にならなくてよかったです。


自分の中の世界がひっくり返った

瞬間でした。。。

一瞬でスープまでなくなってしまいましたが

夢心地すぎてよく覚えていません。


まさに、煮干しファンの『聖地』


おいしかったです。

ごちそうさまでした。


最後に、弘前城の満開の桜を載せて

しめようと思います。


f:id:akr174cm:20170502160908j:plainf:id:akr174cm:20170502160935j:plainf:id:akr174cm:20170502161001j:plainf:id:akr174cm:20170502161016j:plain


にょめにょめにょめにょめ

第9回『味のめん匠』



ここ2日ぐらいずっと鼻の奥に違和感を

感じていたので、思いっっっきり

かんでみたところ、

ネギっぽいものが出てきました。


冷ややっこに乗せて食べました。




こんにちは、

カリスマラーメンブロガーです。


突然ですが、私はおそらく

アルコール依存症ではないかと思われます。

今年に入ってからの休肝日はゼロです。


今週末もしっかりと、

町に呑みに出てまいりました。


のんだあとはなぜだか無性に、

ラーメンが食べたくなりませんか?


今回お邪魔したのは町にあるこちら。


f:id:akr174cm:20170430023819j:plain


『味のめん匠』さんです。

みろく横丁の端っこにあるお店です。


『八戸ラーメン』

みなさんも聞いたことがあると思います。

スッキリスープが美味しい、八戸の

ご当地ラーメンです。


タクシーの運転手さんの話では、

観光客の方々から

「同じ八戸ラーメンでも、店によって

味が違うじゃないか!」

と苦情をもらったことがあるそうです。


そう、

同じ八戸ラーメンでも、お店によって

微妙に味が違うというのです。


ここも八戸ラーメンが自慢のお店。

すでにベロンベロンですが、

頂いてみましょう!


f:id:akr174cm:20170430024351j:plain


八戸ラーメン 600円


んーこの煮干しの香り、

正真正銘、生粋の八戸ラーメンです。

加水率低めの手揉み麺に、

煮干しと鶏ガラの醤油スープ。

八戸ラーメンのルールを忠実に

守っていながらもこのスッキリ感と

ふくよかな甘みが、呑んだ後の体に

染み渡っていきます。


ミニサイズがあるというのも、

のんべえ達にとっては嬉しいポイントの

ひとつでしょう!!


胸を張って、

「これが八戸のラーメンだ」

と紹介できる、そんな一杯でした。


ちなみに私は酔っ払うとこんな感じです。


f:id:akr174cm:20170430025107j:plainf:id:akr174cm:20170430025121j:plain


いや、


誰が坂口健太郎やねん!!



みなさん、GWがやってきますが

飲み過ぎにはご注意を。


にょめにょめにょめにょめ

第8回『昇龍』



ラーメンを愛し、

ラーメンに愛された男。


カリスマラーメンブロガーです。



数日ラーメンを食べれていなかったので

ラーメンが食べたすぎて手がプルプル

してきていました。


なので今回は急遽仕事終わりに、

車を走らせます。


目的のお店に到着!

するとどうでしょう。



やっていない。



あまりのショックに癇癪を起こしそうに

なりましたが、そういえばすぐそばに

別のお店があったことを思い出し、

なんとか精神を立て直しました。


そこから車で1分くらいの場所にやはり

ラーメン屋さんがありました!!

助かった〜〜〜。


今回急遽お邪魔したのは

『昇龍』さん。

暗くて写真が分かりづらいので、

明るいときの写真ものっけておきます。


f:id:akr174cm:20170427122651j:plain

f:id:akr174cm:20170427124554j:plain


八幡にあるお店です。

お邪魔します!


f:id:akr174cm:20170427122749j:plain


店内はこのような感じ。

小さなテレビがBGM代わり、

昔ながらの食堂のような雰囲気。

広い店内を、今回は私が独り占めです。


マスターは明るいおっちゃんで、

ラーメン屋の裏事情や、お店の歴史など

いろいろ語ってくれました。

談笑しながら待つこと数分。


f:id:akr174cm:20170427123259j:plain


ラーメン 500円


腹ペコだったのでチャーシュー丼も

珍しくオーダー。ラーメンとセットで

750円で頂くことができます。


「この辺はライバル店が続々現れるけど、

気にしたって仕方ないから気にしない。

そうやって25年やってきた。」

と笑いながら話すマスター。


加水率低めの黄色い麺が、

25年分の歴史が染み込んだ

甘い香りのスープを口に運んでくれます。


マスターは他にも、私の美容の仕事の

お話も興味深そうにきいてくれたり、

他の人気メニューをおしえてくれたりと

本当に気さくな方でした。


出会いって素敵ですね。

今日、目的のお店が普通にやっていたら

もしかしたらずっとお邪魔することは

なかったかもしれません。


また食べに来ようと心に決めて

店をあとにしました。

改めて、私は

「ラーメン」というよりも、

「ラーメン屋さん」が好きなんだと

気付かされました。


f:id:akr174cm:20170427191012j:plain


ではみなさん、おやすみなさい。。




にょめにょめにょめにょめ


第7回『らーめん まるちょう』



先日、肉じゃがを食べている際に

くしゃみをしたら、そぼろがとんで

あご付近についてしまいました。


とって食べたところ、そぼろではなく

飛び出したはなくそでした。




こんにちは、

カリスマラーメンブロガーです。




「自家製麺」


この言葉をきくだけでわくわく

してきませんか?


自家製麺を使用するお店の麺は

そのお店でしか味わえないという

ロマンがつまっています。


今回お邪魔する、

らーめん【まるちょう】さんも、

自家製麺を使うお店。


f:id:akr174cm:20170419162358j:plain


以前こちらで食べた、

「三ツ節ラーメン」がすごくすごく

おいしかったので今回はオーソドックスな

醤油ラーメンにチャレンジ。

三ツ節はその名の通り、節がきいていて

私好みのラーメンでした。

いざ注文!


f:id:akr174cm:20170419162733j:plainf:id:akr174cm:20170419162759j:plain


しょうゆ 700円


【まるちょう】さんの特徴である、この

ふかい丼ぶりにはいって醤油ラーメンの

登場です!!!


まずスープを一口。

おっ、これは「三ツ節」ともまた

一味違う、個性的なスープ。


節のきき具合や、生姜が香るところなど

以前紹介した【専】さんのラーメンと

似ている部分もありながら、

あそこほどスープ自体に甘みはない。


しかし焦がしネギによる風味と甘味が

ふわっと襲ってきます。

非常に特徴のあるスープですね。

おいしい!!!

やっぱり節ってるラーメンはおいしいなあ。


つるつるしていながら歯応えのある

自家製麺もいい味出してます。

ちなみに細麺か太麺をチョイスできます。

今回は細麺にしました!

細麺好きの私ですが、ここは太麺も

おいしいんですよね〜。


f:id:akr174cm:20170419164549j:plain


たまごがまるまる1個!

味がしみています。

チャーシューもホロホロ。

トッピングのクオリティも高い!


まとめると、

好き嫌い別れるかもしれませんが、

ラーメンとしての完成度は抜群に

高いのではないかと思います。

俳優でいうところの、

松田龍平みたいな感じです。


私はすっかり大ファンです!


次は違う味も食べに行きたいですね。


にょめにょめにょめにょめ







第6回『しおで』



みなさんこんにちは、


カリスマラーメンブロガーです。


先日、

「八戸のタクシー運転手がおすすめする

  ラーメン屋さんランキング」

という記事を見ました。


今回はそこで第1位に輝いていた、

こちらのお店にお邪魔します。


f:id:akr174cm:20170417144733j:plain


ズバリ、【しおで】です。


八戸で知らない人はいないであろう、

有名なお店ですね。

八戸でラーメン屋さんといえば?

と聞かれてここを答える人も多いのでは。


何気に数年ぶりなので、

ワクワクしながら扉をあけます。


f:id:akr174cm:20170417154814j:plain


温かみのある店内です。

いい雰囲気ですね。

支那そばと、おにぎりを注文。


今回一緒に行ったツレは

支那そばのことを、ラーメンではなく

今日までお蕎麦だと思っていたそうです。

その会話をきいていた隣のお客さんに

笑われてしまいました。


アホなツレを殴りたい気持ちを抑えつつ

5分ほど待つと、、


f:id:akr174cm:20170417155410j:plain


支那そば 530円


到着です。

ごくごくスタンダードな中華そば。

しかし見てください、

このレンゲの大きさを!!

【しおで】といえばこの巨大レンゲですね。


f:id:akr174cm:20170417164305j:plain


ほどなくしておにぎりも到着。

写真を撮る前にかじっちゃいました。

ビッグサイズ!おいしい!


肝心のラーメンのお味はというと、

スープはどちらかというと甘みは

あまり感じない、ストレートな醤油味。

塩分が若干強めですが、おにぎりや

この店内の雰囲気との相性もなんだか

バッチリな気がします。

煮干しの香りもふんわり。


あの大容量のレンゲで口に運ぶことで、

温泉が湧き出たかのように一気に

おいしさが口を満たします。

大満足!


この手のシンプルな煮干しスープの

醤油ラーメンは、似ているようでいて

その店によって全然違うから楽しいですね。


f:id:akr174cm:20170417165002j:plain


昭和58年創業!すごい!

愛されてる味なんですね。




最近ラーメンばかり食べ過ぎて、

おしっこからラーメンの香りがするのは

気のせいでしょうか??


これからも健康第一で、

ラーメンを食し続けたいと思います。


にょめにょめにょめにょめ











第5回『八兵衛らーめん』



みなさんこんにちは、


自称、八戸の坂口健太郎です。



今日は珍しく日曜休みなので、

家族でラーメンです。


今回お邪魔したのはこちら。


f:id:akr174cm:20170416124411j:plain


【八兵衛らーめん】さんです。

第三中学校のすぐそばにあるお店です。


f:id:akr174cm:20170416124532j:plain


日曜日のお昼ということもあり、

店内はなかなかの混みよう。

ファミリーが多かったですね。

この感じ、いいですね。

たまには日曜日休みもいいな〜。


f:id:akr174cm:20170416124938j:plain


先に届いたギョーザ&ライスを

食べながらラーメンの到着を待ちます。

、、が、、、!


こない!こない!

いつまでたっても私のラーメンだけが

こない!!!!

店員さんにきいてみると、どうやら

注文を取り違えていたようです。


店員さんも”うっかり八兵衛

だったみたいですね!


八兵衛だけに!!!!


さあ、気を取り直して、、、

遅れて到着したラーメンを食べましょう。


f:id:akr174cm:20170416125426j:plain


八兵衛らーめん 750円


スープの方は鰹が強め。麺は中太麺。

こってりはしていませんが、

腹ペコさん向けだなという感じ。


メニュー数が豊富でしたね。

味噌は味噌でも田舎味噌や味噌バター、

醤油にもいろいろな種類があったような

気がします。


f:id:akr174cm:20170416124754j:plain


そういえばカクテキが食べ放題です。

しかしポケットにこっそり詰めて

持ち帰るのはやめましょう。

このカクテキはヒカクテキからくないです。



さて、、、

このブログも第5回ですが、

SNS等で宣伝してる割には、

なかなかの閲覧数の少なさです。(笑)


辻希美を超えるほどのカリスマブロガーを

目指していますので、みなさん宣伝のほど

よろしくお願いします。


にょめにょめにょめにょめ