ラーメンBLOG -R18-

八戸/ラーメン/ブログ 八戸近辺あっさり醤油味専門。美容師/漫才師

第22回『熊八珍』




みなさんこんにちは。





さて、今回は

中華屋さんのラーメンを食べてみよう!

ということで、
こちらにお邪魔しました。

f:id:akr174cm:20170627215809j:plain


『熊八珍』さんです。
お昼は食べ放題、夜はお酒の飲み放題もある、
食いしん坊にはたまらない中華屋さんです。

普通のラーメン屋以外にも、
中華屋さんのラーメンや、食堂のラーメンなど
そういうところも攻めていきたい
カリスマラーメンブロガーです。

写真に写っている2人は
私の働く美容室のオーナーと、その友人の方。
ご馳走してもらいました。。
ありがとうございます!

豊富な中華メニューが揃うこちらのお店ですか
いただくのはもちろんスタンダードなラーメン。

f:id:akr174cm:20170627215859j:plain


こくだれ中華そば  600円

なかなかの大盛りサイズですね。
さっそくスープから!


謝謝〜〜〜〜〜!


『こくだれ』ということもあって
醤油の旨味を感じられるのですが、
思っていたよりもスッキリ。

中華屋さんのラーメンということで
もっと油が強いのかな?と勝手に想像
していたので、以外でした!
食べやすいです!
麺はというと、ぷりぷり系の中太麺。
食べ応えバッチリ。

ボリューミーかつ親しみやすい、
水卜麻美アナのような一杯です(?)

f:id:akr174cm:20170627220046j:plain


お麩が入っています。
この辺りでは結構みかけるトッピングですが
何気にR18では初登場。

旨味をたっぷりと吸って、
スープという名の湯船に気持ちよさそうに
浸かる、お麩さん。
羨ましい!
ラーメンのスープにこんな風に浸かれたら
さぞ気持ちいいでしょうね。

f:id:akr174cm:20170627220205j:plain


人生の大先輩方とすするラーメンもまた
格別なのでした。
ご馳走様でした。

さて、
次回は知る人ぞ知る、『あの』食堂に
行こうと思っております。

小さい食堂なのですが、
ラーメンファン達に聞くと、誰もが
『あそこはおいしい』
『あそこは行ったほうがいい』
と言う、隠れた名店なのです。

お楽しみに!



にょめにょめにょめにょめ





第21回『中華そば まる井』



道を歩いていたら、向こう側から

上半身裸の女性が歩いてきたので

思わず飛びかかったところ、


ベージュのTシャツを着ていただけでした。




こんにちは

カリスマラーメンブロガーです。


このブログの趣旨でもある

『あっさり醤油ラーメン』

もちろん、何よりも私の大好物なのですが、


実は、

『激にぼ系』と呼ばれる、

煮干しを惜しげもなく使った、濃厚なスープの

ラーメンも大好きなのです。

津軽の方で多く見かけるラーメンですね。


八戸でも『激にぼ系』を食べることができる。


そんな噂を聞いてやってきたのはこちら!


f:id:akr174cm:20170619184322j:plain


根城にあります、『中華そば まる井』さん。


なんでも、津軽地方に負けない、本格的な

激にぼ系ラーメンが食べられるとのこと。

煮干しLOVEの私が行かないわけには

いきません!!


ラーメンメニューはシンプルに2種類のみ。

シンプルな中華そばか、煮干し中華そば。

この潔さ、最高です。

ここはもちろん煮干しをチョイス。


f:id:akr174cm:20170619184706j:plain


コク煮干し中華  750円


きましたきました、コレです。

この濁り具合と、強い煮干しの香り。

まずはスープを一口。


、、、。


おいしいです!

正真正銘『激にぼ』です。

煮干しの大群が口の中に解き放たれ、

泳ぎ回っているのがわかります。


津軽の方の激にぼに比べると、

酸味やえぐみは抑えられ、食べやすいテイスト。

しかしながら煮干し感も塩分もしっかりと

感じることができるので、食べ応えは

ものすごくあります。


一見、この R18 のコンセプトである

『あっさり醤油ラーメン』なのか?

と物議を醸しそうですが、

くどいくらいこってりしているわけでもなく

むしろ見た目ほどクセもないため

ぐびぐびいけちゃうスープという感じ。


f:id:akr174cm:20170619185610j:plain


淡路産のネギが無料で入れ放題。

今時珍しい!これは嬉しいですね。

バカ盛りにして食べてみます。


濃口スープにさわやかな風が吹いて、

おいしさ倍増!

辛くなく、みずみずしくて

非常においしいネギです!

鷲掴みにしてこっそりジーパンのポケットに

詰めて帰るのはやめましょう。


f:id:akr174cm:20170619185911j:plain


ライスも合いますね〜〜〜!


八戸でもこんなにニボニボしたラーメンが

食べれるのかと感動しながら、

ラーメンを食べるのでした。


f:id:akr174cm:20170619190003j:plain



だれが

オー◯バックスの店員やねん!





にょめにょめにょめにょめ





第20回『らーめんの千草』



全世界の70億人の R18 ファンの皆様。


お待たせ致しました。

カリスマラーメンブロガーです。




今回で、このラーメンブログ R18 も

第20回を迎えることができました。

現在では、ブログ開設当初とは

比べ物にならないくらい閲覧数も伸びました。

いつも見てくれている皆様、

ありがとうございます。


さて、

第10回記念回では、弘前主張編!ということで

弘前の有名店『たかはし中華そば店』さんに

行って参りました。

今回も第20回を記念して、八戸を飛び出し

遠くの地にあっさり醤油ラーメンを求めて

旅に出ようと思います!


遠くと言っても、お隣の県、岩手県です(笑)

岩手県久慈市にある有名店に、

今回は思い切ってお邪魔します!


f:id:akr174cm:20170618171047j:plain


『らーめんの千草』さん。

知ってる方も多いでしょう。有名店です。

カップラーメンにもなりましたね。


R18史上、初めて並びました。

11時くらいに行ったのに、、、。


店内は有名人のサインだらけ。

ちなみにカリスマラーメンブロガーは

サインをせがまれることはありませんでした。


f:id:akr174cm:20170618171738j:plain


こちらが有名店のメニュー。

もちろんいつも通り、スタンダードな

『らーめん』をオーダー。


大混雑の中でしたが、そんなに待つこともなく

待望の千草さんのラーメンが到着!

いよいよご対面です。


f:id:akr174cm:20170618172805j:plain


らーめん 620円



もはや神々しいですね。

シンプルながらも風格の漂う、

そんなルックスです。


感動の涙を拭って、早速スープを一口。


f:id:akr174cm:20170619090729j:plain


にょめにょめにょめにょめ

にょめにょめにょめにょめにょ〜〜〜⁈


思わず、いつもと違うタイミングで

にょめにょめがでてしまいました。

これがあの『らーめんの千草』の

ラーメンか、、


ストレートに、鶏ガラです!

こってりはしていません。のみやすいんです。

しかし、その範囲内でマックスの鶏ガラ感。

一口、また一口とレンゲがエンドレス。

後を引くおいしさのスープですね。


鶏の野性味すら感じる、濃厚な味わい。

透き通った優しい爽やかな見た目に反して

ワイルドなラーメンですね。

男だったら一番モテるタイプですね。


f:id:akr174cm:20170618174133j:plain


麺はもう、食べなくてもわかります。

これ、大好きなやつです。

自家製麺なんですね!

白いちゅるちゅるモチモチした麺は、

絶品鶏スープとの相性もバッチリ。


鶏チャーシューも頬張ってみると、

こちらはしっとりしていながらも

きちんと噛み応えがあり、

肉のおいしさをじっくり味わえる系!


人気なのも納得の一杯。


途中、卓上のコショーで味変。

ワイルドさがキリッとひきしまったことにより、

EXILEのHIROさんのように、

男らしさとスマートさと貫禄を兼ね備えた

パーフェクトな味に。


f:id:akr174cm:20170618174921j:plain


ペロリと完食。


食べたことがあるようで、

食べたことのない、


そんなラーメンでした。

ごちそうさまでした。


久慈では観光等は一切せず。

本当にただラーメンを食べにだけきた

感じになりました。

しかし早起きして行った価値はありましたね。




これからも八戸近辺のあっさり醤油ラーメンを

ひたすらに食べ続けますので、

ラーメンに迷った際は是非このブログを

チェックしてみてくださいね!




珍しく二連休なので、

明日も更新しまーす!




にょめにょめにょめにょめ

第19回『漁港ストア』



告白していないのに、

フラれたことがあります。


みなさん、こんにちは。


カリスマラーメンブロガーです。



今回は少し趣向を変えて、

八戸市民のソウルフードである

館鼻の漁港ストアのラーメンを

喰らってみようと思います!


f:id:akr174cm:20170612150050j:plain


ナイスなレトロ感。

そして清々しい晴天!


f:id:akr174cm:20170612150233j:plain


八戸市民なら誰もが踏み入れた事が

あるでしょう。。

この、入るとぶわっと濃いそばつゆの香りが

襲ってくる感じ。

なんだか懐かしいです。

ここに演歌がひたすらかかっているので

ノスタルジックこの上なしです。


おそばが人気らしいですが、

ここはもちろん、ラーメンをいただきます。

何気にここでラーメンをいただくのは初。

演歌を口ずさみながら、わくわく待つ事数分。


f:id:akr174cm:20170612150514j:plain


海鮮支那そば 500円


なるほど、

浜のラーメンといえば、めかぶやら

そういったものが入っているのかなと

思っていたのですが、

トッピングは、、、


ちくわにゲソ天だと、、!!?

予想の斜め上をいくビジュアル!


これらのトッピングから、

鶏ガラと魚介の優しい甘みの醤油スープに

じんわりおいしさが染み出しています。

いい意味で、ジャンキーな味わい。


朝ラーにぴったりというのも納得。


おまちかね、トッピングのゲソ天もぱくり。


f:id:akr174cm:20170612161648j:plain


welcome to HACHINOHE---------‼︎


思わず海に向かって叫んでしまうほど、

一口サイズのこのゲソ天、衣にスープの

おいしさをまとって、なかなか絶品。

プリンとした食感も嬉しいですね。

ラーメンにゲソ天、アリかもしれません。


この漁港ストアの雰囲気、BGMも相まって

このおいしさを生み出しているんだなあと

しみじみラーメンをすするのでした。


f:id:akr174cm:20170612174445j:plain


さて、

次回でこの、ラーメンブログ R18も

第20回を迎えます。


せっかくなので、記念に

県外の有名店にでも行ってこようかなと!


お楽しみに。


にょめにょめにょめにょめ






第18回『ラーメン さんぱち』



伸びかけのヒゲで大根をおろせるほど

ヒゲが濃いので、

脱毛サロンに通っています。


脱毛効果が現れてきたのか、

最近だと山芋が限界です。




こんにちは、

カリスマラーメンブロガーです。

       



今回は仕事終わり、

疲れた体にラーメンを注入!!

ということで、、

ラーメン仲間と仕事終わりに待ち合わせをして、

『夜ラー』に行って参ります。


仕事が終わって、ラーメン仲間と合流して

買い物をして、、時間はもう21時過ぎ。

この時間までやっているラーメン屋さんは

意外と少ないですよね。


今回お邪魔したのはなんと、24時まで

やっているというこちらのお店。


f:id:akr174cm:20170606183559j:plain


夜なので真っ暗です。。

『ラーメン さんぱち』さん。


小中野?なんでしょうかあそこは、

あの辺りにも『三八』というラーメン屋さんが

ありますね、でも今回お邪魔したのは

下長にある、平仮名の方の

『さんぱち』さんです!


f:id:akr174cm:20170606183856j:plain


広くて清潔感のある店内!

もちろん醤油ラーメンをオーダーして、

ラーメン仲間と

ラーメンの話、下ネタ、仕事の話、

下ネタ、恋の話、下ネタ、など

たくさんお喋りをしながら到着を待ちます。


f:id:akr174cm:20170606184059j:plain


醤油ラーメン 700円


きましたきました。黒い!!!

この黒さ、、第14回でお邪魔した

『きくや』さんを彷彿とさせるような

ブラックスープです。

『きくや』さんは醤油の深いコクが

バッチリ効いていながらも、ふんわりとした

甘さがある、そんなラーメンでした。

こちらはどうなんでしょうか。


まず、いつも通りスープを一口。

なるほど!

ガツンと醤油の風味!パンチ力は

見た目の期待を裏切らない!


結構油も浮いているので、果たしてこの一杯は

この、ラーメンブログ R18 の趣旨である

『あっさり醤油ラーメン』なのか?

と物議をかもすかもしれません。


しかし、私の中では

背脂が浮いていたり、明らかにこってり

していなければ『あっさり』とみなします。

このぐらいの油加減なら、おいしく

いただくことができます。


f:id:akr174cm:20170606185245j:plain


玉ねぎの量、半端じゃないです。

玉ねぎがこのような形でたっっぷり入った

醤油ラーメンはなかなか見ませんね。


スープの味は、ほのかな苦味を感じるほど

醤油のコクとキレがきいた、

濃いめのパワフルな味わいです。

あとを引く、クセになるこの感じ、

野菜からとったダシがきいているのか、

(間違えていたらごめんなさい)

ちょっと酸味も感じるからでしょうか?


こちらのお店、ルーツが札幌らしいです。

通りで麺がそれらしい訳です!

食べ応えのある黄色い麺。

スープのパワーにも負けていません。


f:id:akr174cm:20170606185931j:plain


味変は卓上にある一味唐辛子がオススメ。

このスープにはコショウよりもこの唐辛子の

風味がぴったり合うのです。



いつもは仕事終わりの疲れた体にはまず

ビールを流し込むのが私のお決まりですが、


ラーメンもまた染み渡って最高ですね。

まあ、

このあと帰ったらすぐお酒のむんですけど。


f:id:akr174cm:20170606190457j:plain


いつもの如く、サイドメニューももちろん

いただきました。

今回はライスと唐揚げです。

最近大食いなカリスマラーメンブロガーです。




f:id:akr174cm:20170606190721j:plain


ラーメン仲間の彼は、

学生時代から気づけばずっと一緒にいる、

私の『相棒』的存在。


彼とすするラーメンはまた格別なのです。



父の職場での『相棒』は、なんと

このラーメンブログ R18をチェック

してくれているそう。

ありがとうございます。

仕事終わりのラーメンもまた格別です。

是非一緒に行きましょう。



次回は、もうバラしちゃいますが、

漁港ストアにあるラーメンがずっと

気になっていたので、

味わってみようと思います!


お楽しみに。



にょめにょめにょめにょめ







第17回『彦まる』



私は夢に出てきた女性を、

本気で好きなってしまいます。


今は、ニコ・ロビンが好きです。




みなさん、こんにちは。


カリスマラーメンブロガーです。



本日は久々に、気持ちのいい晴天です。

ラーメン日和ですね。


f:id:akr174cm:20170606150504j:plain


むかし懐かしい中華そばを売りにする

『彦まる』さん。

気になってはいたものの、実は一度も

行ったことがなかったこちらのお店。

今回はここに潜入です。


f:id:akr174cm:20170606150705j:plain


新井田のリンクのすぐそばにあります。

そしてすぐそばにあるこちらの新井田川

ここへくると、学生時代、駅伝でこの河川敷を

走ったことを思い出します。


すね毛がコンプレックスだった私は、

学生時代から、体育の授業等で短パンに

なっても大丈夫なように、すね毛をいつも

膝のちょい上くらいまで剃っていました。


この駅伝大会前日もいつものように

すね毛を膝のちょい上くらいまで剃って

臨みました。


しかし皆さんご存知の通り、

陸上部のユニフォームはももまで丸出し。

いつものノリで膝ちょい上までしか毛の処理を

していなかった私は、膝上は毛ボーボー、

膝下はツルツルという見事なコントラストの脚で

大会を激走したのでした。


f:id:akr174cm:20170606180559j:plain


どうでもいいですね。

お店に入りましょう!


f:id:akr174cm:20170606151230j:plain


食券制です。

もちろん自慢の中華そばをいただきます。


f:id:akr174cm:20170606151329j:plain


昔々中華そば 480円


混み混みの店内でしたが、

意外と早く到着!

店員さんの輝かしいスマイル、

素晴らしい接客が印象的です。


どう『昔々』なのか、、早速

スープを一口飲んでみると、、、

なるほど!おいしいです。


煮干しをしっかり感じることができます。

そして、決してしょっぱくはないのですが

キリッとした醤油の味わい、、。

甘みは少なめです。

この手のラーメンは、化学調味料の妙な甘さや

あざといコクを感じることもあるのですが、

そのような雑味はナシ!


ガツンとした男の強さというよりは

凛とした女性の強さ、逞しさを感じられる、

そんなスープです。(←は?)


麺は加水率高め。プリプリ系です。

まとめると、


『芯が強く、クールだけど

きちんと話してみると優しい、

おしりのプリプリした幼馴染の女子』

のような、


そんな素晴らしい一杯でした。

おいしかったです。


f:id:akr174cm:20170606153346j:plain


最近食欲がとどまることを知らない私は

カレーライスもオーダー。

まろやかな味わいで、むしろこっちのほうが

昔々感を感じる、そんなカレーでした。



さすがに満腹なので、

さわやかな晴天の下、

河川敷をジョギングでもしながら

消化しようかなと思います。

もちろん、全裸です。


あ、ランニングシューズは履きます。








嘘です。。

すね毛の処理が面倒なので。。。

夏も長そで長ズボンで走ります。。。


ラーメン仲間、そしてランニング仲間

募集してます。


にょめにょめにょめにょめ

第16回『下田ラーメン館』


ちくび毛がいやで優しく剃ってみたところ、

その次からジョリジョリしたちくび毛が

生えてくるようになってしまいました。


Tシャツから貫通します。




こんにちは、

カリスマラーメンブロガーです。



今日の八戸の気温はなんと、29度。

夏ですね〜〜〜。


暑い日こそ熱いラーメン、ということで

今日もすすりに行こうと思います。


たまには八戸からちょっと飛び出して、

やってきたのはおいらせ町。

『下田ラーメン館』にお邪魔します。


f:id:akr174cm:20170529152122j:plain


今日ここで運動会があるのかと

つっこみたくなるカラフルな旗。

お店に入る前からワクワクしてしまいます。


ちなみにもし運動会に『ラーメン喰い競争』が

あれば私に勝てる人はいないと思います。

相当早いです。

熱いものは熱いうちに精神です。

本気を出せば、ラーメン一杯を、

ウサインボルトの100mの世界記録

9.58秒以内に食べれる自信があります。

そんなことどうでもいいですね。


お店にお邪魔しましょう!


f:id:akr174cm:20170529152844j:plain


ラーメン屋さんにしては小綺麗な感じ。

NICE清潔感。

かつ居心地がいいアットホームな雰囲気。


f:id:akr174cm:20170529153052j:plain


ラーメン館という名の通り、

大量のメニューがズラリと並びます。

もちろん迷うことなく、一番スタンダードな

あっさり醤油ラーメンをチョイス。


f:id:akr174cm:20170529153242j:plain


下田ラーメン 500円


到着しました!

見た目、、シンプルです!!

トッピングもネギ、メンマ、チャーシュー。

まさに王道の醤油ラーメンです。


透明感のある、綺麗なスープを一口。

うむ。味も実にシンプル!!

鶏ガラがコケコッコーと主張するでもなく、

にぼしがピチピチ飛び跳ねるわけでもなく、

醤油のスッキリとした味わいが、優しく

体にはいっていくのがわかります。。

女優でいうところの、

深津絵里さんみたいな感じのスープです。


正直、バスタブ一杯分のめそうです。


f:id:akr174cm:20170529154552j:plain


麺の太さを好みで選べるのがいいですね。

今回は極細麺をチョイス。


店員さんの気持ちのいい接客と、

清潔感のある店内の雰囲気のおかげで

最後まで居心地がよかったです。

お断りしてしまいましたが、

食後にコーヒーを出してくれるみたい!

粋な心くばりですね。


あの優しい店員さんに癒されに、

また行ってしまいそうです。

これが『恋』なのでしょうか。


という訳で、ちょっと前に流行った、

恋ダンス』を踊って

今日はシメようと思います。




f:id:akr174cm:20170529185356j:plain


f:id:akr174cm:20170529185430j:plain


f:id:akr174cm:20170529185620j:plain



にょめにょめにょめにょめ





第15回『らーめんふぁくとりー のすけ』







みなさん、こんにちは。


ウエンツ瑛士です。




今回は仕事の休憩中にレッツラーメンです。


f:id:akr174cm:20170526113810j:plain


三春屋にはいっている、

『らーめんふぁくとりー のすけ』

こちらにお邪魔します。


よりラーメンを美味しそうに撮るために

ケータイを新調しましたので、

ここ最近のラーメンブログは気合いが入ります。


iPhone7プラス、

かなりいいです。


↓従来のスマホ

f:id:akr174cm:20170526113435j:plain

f:id:akr174cm:20170526114057j:plain


↓iPhone7プラス

f:id:akr174cm:20170526113517p:plain


どうでしょう、この差。


あのブサイクカリスマラーメンブロガーが、

なんとイケメンカリスマラーメンブロガーに。


これでラーメンもより綺麗に、美しく

撮ることができます。


さっそくラーメンの方をいただいてみましょう!


f:id:akr174cm:20170526114212j:plain


しょうのすけ(オス) 670円


隣にあるのは280円でいただける

明太子ごはんです。

最近食いしん坊なんです。。


オスとメスが選べるこちらのお店。

味玉が入っているか入っていないかの

違いだそうです。


普段からメスを食べ尽くしている私は

ラーメンぐらいはオスをチョイス。

すみません、嘘です。


ズバリ、

魚介です。ザ☆魚介です。

しょうゆ味の紳士的な優しさの中に、

結構しっかりと節のパンチがきいています。


トッピングが個性的。

普通の海苔にプラス岩海苔。

他のお店ではなかなかみないサイズの

極太メンマ。ネギも白髪ネギ。

更には柚子の風味もふわっと香ります。


岩海苔の食感と風味、メンマのゴリゴリ、

ネギのシャキシャキとさっぱり感、そして柚子。


これらの役者たちと一緒に麺をすすれば、

魚介のパンチが幾度も表情を変えながら

口の中に飛び込んでくるので、

飽きることなく最後までイケます。


自家製麺も非常に私好みでした。

加水率低めの白い細麺は、驚くほど

つるつるのぷりぷり。

歯切れの良さがクセになります。

スープともぴったりです。


f:id:akr174cm:20170526115333j:plain


このメンマ、おいしかったな〜〜〜。

ポケットにこっそり入れて、

持ち帰りたくなります。。


まとめると、

完成度はめちゃめちゃ高い一杯!


f:id:akr174cm:20170526115515j:plain


ここの『からのすけ』がすきで、

それを食べによくきていたのですが、

醤油もこんなにおいしいとは、、。


また違う味も、麺の太さも変えてみたりして

食べにきたいですね、、!



最近私は『けつのすけ』の調子が悪く、

頻繁にお腹をくだしています。

ラーメンの食べ過ぎでしょうか?

みなさん、気温の変化がはげしく

体調を崩しやすい季節です。

お体にはくれぐれも気をつけてください。


では、次回もお楽しみに〜。


にょめにょめにょめにょめ


第14回『らーめん きくや』



『みんな、最近、麺すすってる〜〜?』





まるで毎回言ってるみたいに言ってみました。


こんにちは、

カリスマラーメンブロガーです。


今回お邪魔するのは、私の父がイチオシする

こちらのお店です。


f:id:akr174cm:20170523133132j:plain


『らーめん きくや』


新八温泉の通りにあるお店です。

『朝ラー』ができることでも知られるお店です。


f:id:akr174cm:20170523133318j:plain


土日祝日は朝7時から!!

素晴らしい。


父が、会うたびに

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

『きくやは行った?』『きくやは行った?』

と聞いてくるので、

よほどイチオシなのでしょう。

早速注文です。


f:id:akr174cm:20170523133634j:plain


きくやしょうゆ 750円


ブラックスープと白どんぶりの、

エッジの効いたコントラスト。

このスープの黒さ、

写真で伝わりますでしょうか。。


ワクワクしながらスープを一口。


おいしい!!!


さすが、グルメな父の舌は確かでした。


スープは見た目に反して優しさ満点。

深くて芳醇な醤油の風味が素晴らしい。

しかし、角がたったような濃さはなく

のみやすい。

非常に味わい深いスープです。

野菜の甘みもじんわりと広がります。


そこそこ油も浮いていますが、

こってりまでいかないぐらいの

ちょうどいい加減で、グビグビいけます。


f:id:akr174cm:20170523134526j:plain


コクスープにぴったりな、

このたっぷり野菜もいい仕事をしています。

まるで味噌ラーメンかのようなトッピング

ですが、相性バッチリ。


そして注目すべきは麺。


f:id:akr174cm:20170523134751j:plain


『西山製麺』といえば、ラーメンファンなら

わかるでしょう、本場札幌の麺です。


小麦の香りに誘われ、

目を閉じてズルッとすすると

そこはもう札幌です。

味噌ラーメンを頼めば、

より感じられるかもしれませんね。


このぷりっぷりの食感。

ブラジルの女性のプリケツのようです。




食べごたえも味も大満足の一杯でした。

帰ったら父に

私のプリケツをぷりぷりさせながら

報告しないといけませんね。


では次回もお楽しみに〜〜。


にょめにょめにょめにょめ





第13回『ラーメン大将』



SNSでよくみる
『今日は母の日。お母さんありがとう』
的なツイート。

フォロワーにお母さんいるんか!!
何のアピールやねん!!



みなさんこんにちは。

カリスマラーメンブロガーです。


5月なのに寒いですね。
ラーメン日和です。

3回にわたりお送りしてきました
『激安シリーズ』
今回が最終章です。

今回お邪魔するのはこちら、
『ラーメン大将』
うまい!はやい!やすい!
で、八戸では割と知名度の高いお店です。

f:id:akr174cm:20170515182959j:plain


お昼時に行ったということもあり、

ものすごい混みっぷりでした。


『ラーメン大将』の特徴といえば

なんといってもそのスピード。


今回は大混雑でしたのでそこまで

物凄いタイムではなかったものの、

『水を汲んでる間にラーメンがくる』

とファンに言われるその提供時間の早さは

やはりさすがでした。


なんと、、

混雑していないときなら、注文後

30秒〜40秒でラーメンが届くという噂。

せっかちな私には最高です。


f:id:akr174cm:20170515183620p:plainf:id:akr174cm:20170515183634p:plainf:id:akr174cm:20170515183652p:plain


私の100mのタイムより早いかもしれません。


手際よく作られたラーメンを、

早速いただきます。


f:id:akr174cm:20170515183824j:plain


醤油ラーメン 350円


安いですね〜。硬めの麺、高ポイントです!

スープは甘め。スープを飲み込んだ後も、

その甘みが強く口の中に残ります。

これは化学調味料系の味なのでしょうか。

違ったらごめんなさい。

トッピングの岩海苔が珍しいですね!

スープと共にすすれば、磯の香りがふわっと

口の中に広がって、いいアクセントです。


ツレの頼んだ味噌ラーメンも一口貰いました。

醤油ラーメン同様、強い甘味。

ピリ辛味にたっぷりの野菜がのって

食べ応え満点ながらも500円!


f:id:akr174cm:20170515184927j:plain


最近、筋トレの成果なのか大食いの私は

チャーハンも注文。パラパラ系です。

実は昨日、というか今日

朝の四時まで呑んでいたので

食べられるかどうか心配でしたが、

ぺろっと平らげてしまいました。




3回にわたりお送りした『激安シリーズ』

全ての値段を足しても730円。


驚愕です。


下手したらラーメン一杯でこのぐらい

ですもんね!!




さあ、このラーメンブログ『R18』

最近ぐんぐん閲覧数が伸びております。


閲覧数がのびても麺はのびないように、

これからも『あっさり醤油ラーメン』を

すすりまくろうと思います。


ラーメンに迷った際は是非!

『R18』をチェックしていただければ

嬉しいです。



ではみなさん、おやすみなさい〜〜〜。



にょめにょめにょめにょめ